佃のわたし 長谷川時雨 青空文庫より〜

p388.jpg

佃のわたし 長谷川時雨 青空文庫より〜


暗やみの夜更よふけにひとりかへる渡わたし船ぶね、殘月ざんげつのあしたに渡る夏の朝、雪の日、暴風雨あらしの日、風趣おもむきはあつてもはなしはない。平日なみひの並のはなしのひとつふたつが、手帳のはしに殘つてゐる。

 一日のはげしい勞働につかれて、機械が吐くやうな、重つくるしい煙りが、石川島いしかはじまの工場の烟突から立昇つてゐる。佃つくだから出た渡船わたしぶねには、職工しよくこうが多く乘つてゐる。築地の方はうから出たのには、佃島つくだへかへる魚賣りが多い。よぼよぼしたお爺さんの蜆賣しゞみうりと、十二三の腕白が隣りあつて、笊と笊をならべ、天秤棒を組あはせてゐたが、お爺さんが小僧の、不正な桝を見つけたのがはじまりで、
 こんな狡こすいことをしてゐる、よく花客とくいが知らずにゐるな、と言つた。
 俺は山盛りに賣るからよ、爺ぢいさんはどうする、と小僧は面白さうにきいた。
 俺か、俺は桝これに一ぱいならして賣るのよ。
 へん、客がよろこぶめい。賣れるか。
 賣れねえ。
 乘りあひの者は一時に笑つた、例いつもの通り船頭が口をだした。
 小僧、三十錢から賣つたつて、家うちへは二十錢も、もつてけへるめい、なあよ。
 それはいけねえ。家うちで母親おふくろが當あてにしてゐるのだから、ちやんと持つてかへつて、二錢でも三錢でも氣きもちよくもらへ、と、おぢいさんは首をふつた。
 十五錢もありや母親おふくろは好いのよ。十錢買喰ひをしても、よけいに取れるから割が好いやな、と、も一人の船頭が言つた。
 二錢ばかしの小遣なら、爺さんのやうに十錢も稼いでおかあ、なあよ。
 違ひない、と皆はまた笑つた。小僧は笊に殘つてゐたすこしばかりの蜆しゞみを、河の中へ底を叩いてあけてしまつた。お爺さんは掌に河水をすくつて、笊の底に乾ききつてゐる貝へかけてゐる。傍はたの若い者が調戲からかつて、
 爺さんなよく毎日殘つてゐるな、もう腐つてゐるだらう。河の中へ歸けへしておけよ、勿體もつたいねえぢや困るぜ、と

 鰯がはいつて來たな、と沖からはいつて來る漁船ふねを見て、一人が言つた。
 兄あにい、寺は何處だい、御苦勞だな、と棹をいれながら、船頭が挨拶をした。
 寺つて言へばよ、をかしいことがあるのよ、坊主なんて辛ひどいことをするぜ、尤も俺達も亂暴にや違ひないが、去年よ小石川の寺院てらでよ、初さんところの葬式の來るのが遲れたのでな、前さきへ行つてゐた者が、一盃いつぺいやり始めたのよ、すると誰かが外で、其處いらには珍めづらしい新らしい鰯のを、見つけたといつて買つて來たのよ、買つてくる奴も奴ぢやねえか、一盃機嫌だから、御本堂も何もあるものか、よからうと言ふので燒出したのよ、すると和尚め、よい匂ひですな、なんてやつて來やがつて、旨い漬物を出してよ、よろしければおかはりをなさいましと來たのだ、どうです和尚おしやうさん御一緒ごいつしよになつては、と言ふとな、結構ですと言やがるんだ、厭になつちまふぢやねえか、其處ですつかり仲間になつてやつてしまふとな、佛を持つて來たのだらう、すると皆みんなが妙だ。妙だ、變な匂ひがするつて、ヘツ、する筈だあな、線香で鰯の匂ひを消さうと思やがつて、和尚おしやうが燻いぶしたてるんだ、たまらねえ。
 呆れてしまふな、何宗だい。
 何宗だか、俺おれンの家とこの寺ぢやねえもの知らねえや。
 親鸞樣しんらんさまは矢ツ張り豪えらいな。
 さうともよ、末世まつせを見通しなされたのだ、あれほどのお方で妻帶をなすつたのは、御自分の豪えらいのを知つて、後のちの坊主どもが、とてもそんな堅つくるしくしてゐられめえと、わざと御自分がみんなの爲に、ああなすつたのだとよ、豪えれいな、眼があるのだ、有難い話ぢやねえか。
 あしたの紅顏こうがん夕ゆふべに白骨はつこつとなる、ほんとだ、まつたくだ、南無阿彌陀佛と言ひたくならあな。
 お前の家は何宗だつけな。
 本願寺だ。
 ――當りますよ、大當り、と船頭は聲を張あげた。

 雨の日に、年をとつた勞働者が二三人、寒さうに顫へながら、小さな聲でこんな咄はなしをしてゐた。
 金華山て何處だらう。
 さうさな、ありや美濃だらう。
 さうか、そこいな、大きな鯨が出て、大砲の彈丸を三發もうけたが、とうとう船に四人よつたり乘せたまま呑んでしまつたとよ。
 はなしだらう。
 さうでないのだ、信實まつたくだとよ、新聞にあつたのだらう。
 船と人が四人よにん? そんなに呑めるものかな。
 呑めるんだらう、何しろ巨でかい鯨ものに違ひない。
 でも美濃は山國だらう。
 さうかな、ちつとをかしいな。
 山國にしておけよ、俺の家の息やつが、なんでも船乘りになつてゐるさうだ。
 さうか、知らなかつた――ろくなことはないなあ。
 好いことはきかせねいや。
 伊豆通ひの※(「さんずい+氣」、第4水準2-79-6)船ふねが、※(「さんずい+氣」、第4水準2-79-6)笛きてきを低く呻吟うならせて通り過ぎると、その餘波にゆられて、ゆらゆらしながら、
 金華山は美濃だ、美濃はたしかに山國だ。
 さうならお咄はなしだ。と言捨てて共に去つた。
 明治四十年ぐらゐの京橋區佃島の住吉の渡しでの乘合衆である。
(「女子文壇」増刊附録)


ひかりTVブックは国内最大級の電子書籍(コミック・文芸・写真集など)サイトです。 BL・TL・成人向けコミックなど幅広いジャンルを販売中。 PC・スマホ・タブレットからいつでもどこでも本を読むことができます。 常時開催している無料コミックや割引/クーポンキャンペーンで お得に電子書籍を楽しんでみては!?
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ひかりTV公式電子書籍ストア【ひかりTVブック】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 コミック・小説・ビジネス書・写真集など豊富なジャンルの電子書籍を
 取り揃えるひかりTVブック。
 PC・スマホ・タブレットでいつでもどこでも読むことができます。
 割引クーポンやポイントバックなど、お得なキャンペーンを随時開催中!
 お得に電子書籍を読むなら、ひかりTVブックで♪




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク