パワースポットめぐりズーム!

都内のパワースポットを紹介します!



p411.jpg
⚪️東京都豊島区南池袋3-18-18(JR池袋駅東口より徒歩約15分、JR目白駅より徒歩15分) 威光山 法明寺 にお参りしてきました。
桜並木の参道は、とても綺麗です。
住宅街の静かなお寺で、雑司が谷七福神の弁財天も祀られています。
810年(弘仁1年)威光寺として創建され、1312年(正和1年)日源が日蓮宗に改宗し、法明寺と改称されました。
1923年(大正12年)関東大震災により、本堂が倒壊、1932年(昭和7年)に本堂が再建されましたが、1945年(昭和20年)戦災により、全山焼失してしまいました。1959年(昭和34年)本堂を再建し、1963年(昭和38年)書院を再建、1968年(昭和43年)山門、鐘楼堂を再建しています。
ご本尊である三宝尊(さんぼうそん、さんぽうそん)は、法華宗・日蓮宗の本尊です。
仏・法・僧の三宝を祀るための仏像を三宝尊と言い、庶民にとって高価な仏像を祀ることは困難なため、日蓮は諸尊を書いた十界曼荼羅を庶民に与えました。



p412.jpg
⚪️東京都豊島区雑司が谷3-15-20(JR池袋駅約15分 都電荒川線鬼子母神前駅約5分 東京メトロ副都心線 雑司が谷駅約5分) 鬼子母神堂 武芳稲荷神社 にお参りしてきました。
武芳稲荷神社は、法明寺の飛び地である鬼子母神の境内にあるお稲荷さんで、元来はこの武芳稲荷神社の土地で、後から森を切り開いて鬼子母神堂が建てられました。
武芳稲荷は、いまから約400年ほど前に、ここの地主神として祀られたもので、この土地を当時は「稲荷山」と呼ばれていました。
ご祭神は倉稲魂命(宇迦之御魂神)、須佐之男命の娘であり五穀豊穣の女神とされています。
鬼子母神堂は、安産・子育の神様である鬼子母神をお祀りするお堂です。
その昔、鬼子母神はインドで訶梨帝母(カリテイモ)とよばれ、王舎城(オウシャジョウ)の夜叉神の娘で、嫁して多くの子供を産みました。
しかしその性質は暴虐この上なく、近隣の幼児をとって食べるので、人々から恐れ憎まれました。
お釈迦様は、その過ちから帝母を救うことを考えられ、その末の子を隠してしまいました。その時の帝母の嘆き悲しむ様は限りなく、お釈迦様は、「千人のうちの一子を失うもかくの如し。いわんや人の一子を食らうとき、その父母の嘆きやいかん」と戒めました。
そこで帝母は今までの過ちを悟り、お釈迦様に帰依し、その後安産・子育の神となることを誓い、人々に尊崇されるようになったとされています。



p413.jpg
⚪️東京都豊島区南池袋3-18-18、JR池袋駅東口より徒歩約15分、JR目白駅より徒歩15分、 威光稲荷堂(開運威光稲荷尊天)にお参りしてきました。

開運威光稲荷尊天は西暦800余年、慈覚大師の当地行脚の途中、武蔵野の地、雑司ヶ谷の森より一条の光を見つけ、辿りついた所に素晴らしい御姿をした稲荷尊神が現れ、その光明の強いことから、威光稲荷大明神と銘名し堂宇を建立し御安置したのが始まりとのこと。

稲荷尊神(お稲荷さん)は倉稲魂命のことで、五穀豊穣の女神とされています。






高品質な旅行商品をスマホやPCから24時間予約!

ホテル・ビジネスホテル・旅館の宿泊予約なら
ドコモの『dトラベル』をぜひご利用ください♪

===========================================
~dトラベルのココが魅力~
===========================================

・dポイントが貯まる、使える♪
・お得なクーポンが満載♪
・ホテルや旅館の宿泊予約が、24時間 PC,tab,スマートフォンから可能♪
・月々のドコモの携帯電話料金と一緒にお支払可能♪(一部商品除く)
・お支払は、現地払い、dポイント、ケータイ払い、カード払いが利用可!!




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク