パワースポットめぐりズーム!

p420.jpg
⚪️東京都葛飾区東金町6-10-5 (JR・京成 金町駅から徒歩7分) 葛西神社 にお参りしてきました。
創建は、平安時代末期の元暦2年(1185年)、当時は上葛西と下葛西を合わせた三十三郷(現在の行政区分では、東京都葛飾区、江戸川区の全域、墨田区、江東区、足立区の一部地域にあたる)の総鎮守として葛西三郎清重公の信仰により 香取神宮の分霊を祀ったのが始まり。
ご祭神は、経津主神、日本武尊、徳川家康尊です。
ご利益:安産祈願、商売繁盛、交通安全、工事安全、心願成就、合格祈願、学業成就、家内安全、出世開運、勝利祈願、縁切り、厄除開運、海上守護、国家鎮護、火防守護 他



p421.jpg
⚪️東京都千代田区富士見2-4-1(飯田橋駅下車徒歩8分) 東京大神宮 にお参りして来ました。
江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いでした。明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建されました。当初、日比谷の地に鎮座していたことから、日比谷大神宮と称されていました。関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは飯田橋大神宮と呼ばれ、戦後は社名を東京大神宮と改め今日に至っています。
主祭神は、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、豊受大神(とようけのおおかみ)です。
ご利益は、良縁祈願、学業成就など。



p422.jpg
⚪️千葉県市川市国分2-24-6 下総国分寺 に行って来ました。
下総国分寺(しもうさこくぶんじ)は真言宗豊山派の寺院で、山号は国分山。ご本尊は薬師如来です。
奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、下総国国分寺の後継寺院にあたります。
薬師如来は、大医王,医王善逝 (ぜんぜい) とも呼ばれ、菩薩としての修行時代に 12の本願を立て,それが達成されないかぎり仏にならないと誓いました。その本願とは衆生の病気をなおして災難をしずめ,苦しみから救うというもので,薬師如来の名の起源となりました。
アクセス/京成電鉄京成本線 市川真間駅から徒歩約25分/京成バス(市41-市45)で国分バス停下車徒歩約5分




p423.jpg
⚪️東京都江戸川区南小岩8-7-11(小岩駅南口より徒歩5分 昭和通り商店街脇)小岩水天宮にお参りしてきました。
水天宮様は、子育ての神、子供の守り神です。
水と子供を守護し、水難除け、農業、漁業、海運、水商売、安産、子授け、子育てにご利益があります。
水天宮の縁日は、毎月5日(5日・15日・25日とすることもある)で、犬のお産が軽いことにちなみ、戌の日は安産祈願の人で賑わうそうです。




p424.jpg
⚪️千葉県野田市清水914 清水開運不動尊 慈光山金乗院 に行ってきました。
金乗院は、応永5年(1398年)頃、京都醍醐山の宥秀上人により開山された野田最古の寺院です。
現在は、新義真言宗豊山派に属していますが、昔は古義真言宗総本山の醍醐派に属した修行寺(学僧の研修する所)としてこの地方の加持祈祷や教学の中心でした。
ご本尊は薬師如来で秘仏となっています。
ご利益は、病気治癒延命です。
また、安政6年(1859年)の「算額」(野田市指定文化財)や徳川家の御朱印状(非公開)が保存されています。
清水開運不動尊は、人々の幸せを願って祈るお不動様(不動明王)です。
身体健全.商売繁盛.厄除祈願.良縁成就に御利益あるそうです。
アクセス/東武野田線清水公園駅から徒歩5分




p431.jpg
⚪️千葉県船橋市印内町494(西船橋駅北口より徒歩4分) 春日神社 にお参りしてきました。
春日山と呼ばれる丘に鎮座する境内は、船橋市の指定樹林であり、幹周りの太い松の大木が何本もあります。
御祭神である春日大神は、春日明神または春日権現とも称されます。
ご利益は、健康長寿、金運、開運、出世、交渉、良縁・縁結びなど。
春日大神を祀る神社は春日神社などという社名になっていて、日本全国に約1000社あるとのこと。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク