鐘ヶ淵 岡本綺堂 青空文庫より〜③

昔の街の様子がわかる小説を見つけました! 著作権フリーなので、ここで紹介します! 鐘ヶ淵 岡本綺堂 青空文庫より〜③ 三  三上のいう通り、もしも福井文吾が軽率の報告をしたのであるとすれば、本人の落度ばかりでなく、ひいては組じゅうの面目にもかかわることになる。しかし自分たちの口から迂濶にそれを言い出すと、なんだか福井の手柄をそねむように思われるのも残念であると、大原は…

続きを読む

鐘ヶ淵 岡本綺堂 青空文庫より~②

昔の街の様子がわかる小説を見つけました! 著作権フリーなので、ここで紹介します! 鐘ヶ淵 岡本綺堂 青空文庫より~②     二  誰がまず第一に鐘ヶ淵の秘密を探るかということが面倒な問題である。三人が同時にくぐるのは拙つたない。どうしても順々に潜り入るのでなければいけないと決まったのであるが、その順番をきめるのがすこぶるむずかしくなった。第一番に飛び込むものは戦場の…

続きを読む

鐘ヶ淵 岡本綺堂 青空文庫より〜①

昔の街の様子がわかる小説を見つけました! 著作権フリーなので、ここで紹介します! 鐘ヶ淵 岡本綺堂 青空文庫より〜①      一 僕の友人に大原というのがいる。現今は北海道の方へ行って、さかんに罐詰事業をやっているが、お父とっさんの代までは、旧幕臣で、当主の名は右之助うのすけということになっていた。遠いむかしは右馬之助といったのだそうであるが、何かの事情で馬の字を省…

続きを読む

スポンサーリンク