刎橋の受け台について 木村壮八 青空文庫より~

昔の街の様子がわかる紀行文・小説を見つけました!著作権フリーなので、ここで紹介します! 刎橋の受け台について 木村壮八 青空文庫より〜  吉原のおはぐろ溝とこれに架かつた刎橋はねばし――(一葉がこの字を使つている)――「たけくらべ」にいふ「……垢ぬけのせし三十あまりの年増、小ざつぱりとせし唐棧ぞろひに紺足袋はきて、雪駄ちやらちやら忙がしげに横抱きの小包はとはでもしるし、茶屋が棧橋…

続きを読む

スポンサーリンク