神田を散歩して 寺田寅彦 青空文庫より~

神田を散歩して 寺田寅彦 青空文庫より〜  あるきわめて蒸し暑い日の夕方であった。神田かんだを散歩した後に須田町すだちょうで電車を待ち合わせながら、見るともなくあの広瀬中佐ひろせちゅうさの銅像を見上げていた時に、不意に、どこからともなく私の頭の中へ「宣伝」という文字が浮き上がって来た。  それはどういうわけであったかよくわからない。その日は特別な「何々デー」というのでもなかったし、途…

続きを読む

スポンサーリンク