丸善と三越 寺田寅彦 青空文庫より~

丸善と三越 寺田寅彦 青空文庫より〜  子供の時分から「丸善まるぜん」という名前は一種特別な余韻をもって自分の耳に響いたものである。田舎いなかの小都会の小さな書店には気のきいた洋書などはもとよりなかった、何か少し特別な書物でもほしいと言うと番頭はさっそく丸善へ注文してやりますと言った。中学時代の自分の頭には実際丸善というものに対する一種の憧憬どうけいのようなものが潜んでいたのである。注…

続きを読む

スポンサーリンク