芝、麻布 小山内薫 青空文庫より〜

芝、麻布 小山内薫 青空文庫より〜 『あばよ、芝よ、金杉よ。』  子供の頃、一緒に遊んでいた町の子達と別れる時、よく私達は歌のように節をつけて、こういった。  私は麹町の富士見町で育った。芝といえば――金杉といえば――大変遠いところのような気がした。 『あばよ、芝よ、金杉よ。』  今でも、この一句を口ずさむと、まだ電灯のなかった、薄暗い、寂しい、人通りの少ない、山の手の昔の夕暮…

続きを読む

スポンサーリンク